病院説明会・インターンシップ

文字サイズ
標準

先輩ナースインタビュー

幅広い実践力を身につけた助産師になりたい

助産も看護も並行してスキルアップしたい。これが学生時代からの希望でした。当院は様々な地域からスタッフが集まってきているので、一つの考え方にとらわれず、いろいろな価値観を学べる環境です。私は助産師ですが、産科だけでなく他の領域の看護もできる、総合力のある医療者になることが目標です。新たに誕生する命に関わることはもちろん、人生を終えていく人も看られるようになりたいと思っています。

そんな私が配属されたのは、産婦人科と、血液内科・臨床腫瘍科・乳腺外科などの混合病棟。1年目は主に看護師としての経験を積みあげました。入職してしばらくたち、一通りの業務ができるようになった頃、プライマリ患者さんを受け持ち始めました。

プライマリ・ナースとして、患者さんとたくさんコミュニケーションをとるよう心がけました。でもそれを看護計画に結びつけることがなかなかできなかった。こんなに患者さんのお話を聞いているのに、なぜ患者さんに合った目標を見いだせないのだろう。とても悩んで、先輩や同期に相談しました。みんなから「患者さんにとって一番大切なことは?」「患者さんご本人だけでなく、ご家族の思いは?」といろいろな助言をいただいて、少しずつ患者さんへの理解を深め、患者さんとご家族の意見を取り入れた看護計画を立てられるようになりました。

同期の助産師は、私にとって一番信頼できる人。私の困っていること、うれしいことなどを自分のことのように一緒に考えてくれます。お互いに切磋琢磨できる、大切な存在。先輩も優しい人が多く、私が困っていることに気づいてくれて、的確な助言と指導をしていただけています。この人たちに出会えたことも、虎の門で得た私の財産です。

  • 小川 奈々
  • 恩田 みほ
  • 北澤 響
  • 三浦 史穂
  • 倉上 柚莉子
  • 長峰 美緒
  • 藤原 真佑子
  • 櫻井 あゆみ
  • 西原 江倫奈
  • 隅田 亜依
  • 磯 恭子