病院説明会・インターンシップ

文字サイズ
標準

先輩ナースインタビュー

どんな時でも患者さんのために働きたい

産科だけでなく、幅広い知識や技術を身につけて、助産師としても看護師としても成長したいと思って、当院に就職しました。最初のころは業務や環境に慣れることに必死でしたが、シャドーイング期間の後も、独り立ちできるようになるまで、毎日先輩がついてフォローしてくれました。
少しずつ余裕が出てくると、自分の目指す助産師・看護師像に近づくためには、病態なども含め、患者さんのことをもっと知らなければならないと考えるようになりました。毎日短時間ずつでもいいので丁寧にかかわることが大切だと思います。患者さんの気持ちを支えるためには、患者さんの思いを積極的に知り、関係構築することが必要。患者さんが思いを表出しやすい環境を作ることも大切です。「患者さんはどうしてこのような発言をしたのだろう」とアンテナを張れるように意識することが必要と考えます。看護は看護師のためではなく患者さんのためのものなので、患者さん中心に考えることを常に念頭に置きたいと思います。

プライマリ患者さんの看護計画を立てたり、相手の思いに沿ったケアをどうしたら提供できるのか考えたりするときが、仕事のやりがいをもっとも感じる瞬間です。切迫早産で入院した方が、出産予定日まで持ちこたえて、安全に分娩の日を迎えられたときの喜び。また、不安で気持ちが落ち着かなかった方に「大丈夫ですよ、ここにいますから」と声をかけたのをいつまでも覚えていて、後日「北澤さん、久しぶりです」と声をかけてくれたこと。助産師としても看護師としても、どんな時でも患者さんのために働いていきたいと思います。
大変な時に支えてくれる同僚にも恵まれています。新人の時にプリセプターだった先輩は、今でも私の大切な相談相手です。

  • 小川 奈々
  • 恩田 みほ
  • 北澤 響
  • 三浦 史穂
  • 倉上 柚莉子
  • 長峰 美緒
  • 藤原 真佑子
  • 櫻井 あゆみ
  • 西原 江倫奈
  • 隅田 亜依
  • 磯 恭子