病院説明会・インターンシップ

文字サイズ
標準

先輩ナースインタビュー

自分の目標とする看護師像に近づくために

学生の頃に参加したインターンシップで、看護師の患者さんに対する思いやりのある接し方や、看護師同士のカンファレンスが充実している様子を見ました。虎の門病院でなら、本当に患者さんのための看護をする、という自分の目標に近づけそうだと直感して、就職を希望しました。

配属された部署は、ストマを造設する患者さんが入院する病棟でした。ストマパウチの選び方、貼るときのコツなど、学生の時には知らなかった詳細な知識・技術を勉強会で教わりました。日々のケアに役立つ内容ばかりで、その時にもらった資料は今もよく読み返して復習に役立てています。

新人には全員、一人ずつプリセプターがついています。私のプリセプターは、いつでも私のことを気にかけて、声をかけてくださる先輩です。いつも見ていてくれるのを感じるので、困ったことがあれば何でもすぐに相談できます。

手術を受けた患者さんが無事に回復し、退院する時の笑顔を見ると、私の顔までほころびます。看護師になって本当によかったと思う瞬間です。一方、終末期の患者さんもいます。入職したてでまだ右も左もわからなかった頃、何度も入退院している終末期の患者さんに「ここの看護師さんは皆素晴らしい人ばかりだよ。あなたも笑顔が素敵だし、きっといい看護師さんになれるよ。頑張りなさい」と励まして頂いたことは、今でも私の支え、元気の源になっています。

まだまだ経験した事の無いケア、できないことも沢山あります。たとえば、術後のせん妄に遭遇することがありますが、予防や対応にはまだ先輩のフォローが必要です。これから一つ一つ学んで着実に身につけたいです。
初心を忘れずに、いつでも患者さんにとって一番良い看護を追求し続けたいと思います。

  • 小川 奈々
  • 恩田 みほ
  • 北澤 響
  • 三浦 史穂
  • 倉上 柚莉子
  • 長峰 美緒
  • 藤原 真佑子
  • 櫻井 あゆみ
  • 西原 江倫奈
  • 隅田 亜依
  • 磯 恭子