資料請求・病院説明会・
インターンシップ

文字サイズ
標準

先輩ナースインタビュー

患者さんに丁寧に関われるナースになりたい

全国からスタッフが集まる環境と、スキルアップできる教育環境、サポート体制がしっかりしているところに魅力を感じ、就職先として検討しました。実際にインターンシップに参加したところ、全体的な雰囲気がよく、スタッフ間の連携が良く取れているのを実感しました。どのスタッフも笑顔で、患者さんへの関わり方が丁寧でした。自分もそのような関わりのできるナースになりたいと思いました。
就職して、部署に配属される前に、全職種合同のオリエンテーションがありました。この時点で知り合いがたくさんでき、安心しました。このオリエンテーションで親しくなった人たちとは、その後配属先が別々になってもつながりを保っています。
病棟に配属された私を担当してくれたプリセプター。いつも優しく声をかけてくれて、分からないところの勉強を一緒にしてくださいました。悩んでいるときは相談に乗ってくれるので、同じ勤務だととても安心します。2年目になった今でも、よく一緒に食事をしに行きます。

プライマリ・ナースとして、患者さんにタイムリーに適切に関われるようになることが、私の現在の目標です。あるとき担当した患者さんが「ここまで関わってくれて、辛いときを支えてくれたから回復できた。感謝している」と言ってくださった時、本当にうれしかったです。同時に、この言葉から、自分が想像していた以上の苦しみを患者さんが感じていた事を知りました。患者さんの言葉や、ときには声にならない訴えにも敏感に耳を傾けられるようになりたいと、強く感じました。
また、別の患者さんでは、関わりがうまくいかず悩んだことがありました。その時、先輩に相談して助言をもらいました。改めて、病気の特徴や、今までの関わりから得た患者さんの情報を整理して、患者さんは今どのような状況にあるのかまとめてみました。そうする中で、自分が、患者さんにこうなってもらいたいと焦っていたことに気づきました。患者さんのペースを大切にすること、ありのままの患者さんを受け入れることが重要だと学べました。今後も患者さんの思いを大切にした関わりを深めたいと思います。

  • 小川 奈々
  • 恩田 みほ
  • 北澤 響
  • 三浦 史穂
  • 倉上 柚莉子
  • 長峰 美緒
  • 藤原 真佑子
  • 櫻井 あゆみ
  • 西原 江倫奈
  • 隅田 亜依
  • 磯 恭子