病院説明会・インターンシップ

文字サイズ
標準

スペシャリストナース

急性期・慢性期等の患者さんへの看護に関するスペシャリストナース

急性期・慢性期等の患者さんへの看護に関するスペシャリストナース

活動の具体例

  • 臨床看護におけるロールモデル
  • ナースの看護計画展開への参加(助言、相談対応、監査など)
  • 専門分野に関する勉強会、研修会の実施
  • 事例検討会の開催
  • 組織横断活動チームの中心メンバー(人工呼吸サポートチーム、栄養サポートチームなど)
  • 看護部内専門会議における指導的役割(褥瘡予防対策リンクナース会議など)
  • インシデント発生予防に向けた業務改善策の提案
  • 専門外来の担当、支援(糖尿病透析予防指導外来など)
  • 学会プロジェクト活動(エンドオブライフケアプロジェクトチームなど)
  • 学会発表
  • 認定看護師教育施設における講義

活動レポート

大野木 由美子

西本 佳代急性・重症患者看護
専門看護師

重篤な状態の患者さんにとって、何が一番大切か、スタッフみんなで検討し 実践・評価を行えるよう介入する。

重篤な状態にある患者さんに対して、看護師が適切なアセスメントを行えば、状態悪化を未然に防ぐことができます。また、重症だった患者さんが回復に向かう姿を見るのはとてもうれしく、それらのことに専門看護師としてやりがいを感じます。
患者さんに直接ケアを行うだけでなく、部署のスタッフの知識・技術向上のための勉強会を開催しています。また、人工呼吸器サポートチームの一員として、院内全体の人工呼吸器装着患者さんの回診を行っています。

ある時、人工呼吸器からの離脱が困難な患者さんに関する相談を受けました。その患者さんにとって何が一番大切か、患者さん自身やご家族はどう考えているのか、患者さんのニーズに沿った治療方針か、職種を超えたスタッフみんなで検討を重ね、実践と評価を繰り返すよう介入しました。その結果、患者さんは人工呼吸器を離脱し、その後退院にこぎつけました。

今後もスタッフ間の連携を強めて患者さんやご家族に効果的にかかわれるよう、力を発揮したいと思います。

  • がんに関するスペシャリストナース
  • 急性期・慢性期等の患者さんへの看護に関するスペシャリストナース
  • 感染対策に関するスペシャリストナース