資料請求・病院説明会・
インターンシップ

文字サイズ
標準

スペシャリストナース

がんに関するスペシャリストナース

がんに関するスペシャリストナース

活動の具体例

  • がんサポートチームの中心メンバーとして病棟をラウンド
  • スタッフからの相談対応
  • 患者さんへの直接ケアの提供
  • 「がんサポートナース」勉強会開催
  • 事例検討、痛みやせん妄などについての知識共有
  • 近隣施設にも参加を呼びかけた「かんわケアの会」を定期開催
  • 新規薬剤、副作用、看護倫理等についての勉強会
  • 看護相談外来
  • キャンサーボードの実施
  • 抗がん剤レジメン検討委員会の中心メンバー
  • 鎮痛薬持続皮下注射の普及、知識技術の提供
  • 術前オリエンテーション内容の整備、パンフレット作成
  • がん患者サロン、患者会の開催
  • 院内教育プログラム「看護倫理」講師
  • がん関連マニュアル類の整備

活動レポート

長谷川 久巳

長谷川 久巳
がん看護専門看護師

患者さんとスタッフにとって身近なCNSでありたい

2002年にがん看護専門看護師の認定を取得しました。
私が専門看護師(CNS)を目指した大きなきっかけは、ナース3、4年目頃に担当した痛みに苦しむターミナル期の患者さんたちとの出会いでした。鎮痛薬の処方や病状説明の仕方に問題があるのではないか?と、担当医師のせいにしていました。自分自身何もできず無力感を抱き、患者さんのベッドサイドに行くことを躊躇したこともありました。そんな中、患者さんから”いつもありがとう”という言葉や、ご家族から”あなたがそばにいるだけで母は安心して、痛みが和らいだようでした”と言っていただき、患者さんから逃げて、医師のせいにしていた自分が恥ずかしくなりました。
その頃、他院のがん看護CNSに事例検討をしていただく機会がありました。自分の知識不足やアセスメント不足に気づいたと同時に、身近にCNSがいてくれたら、タイムリーに患者さんの状況を整理できたり、気持ちも楽になったりするのではないか、そしてそれが良いケアにつながるのではないかと思いました。当時、CNS制度は開始間もなく、どういうものかも分かりませんでしたが、ナースが悩んだ時にタイムリーに一緒に考えられる存在になりたいという思いから、この道を選択しました。
現在はがんサポートチームの中心メンバーとして、多職種チームでの活動をしたり、看護相談に応じたりしています。また、院内のがんに関する様々なシステム作りに参画しています。これからも、広く院内で活用される存在でありたいと思っています。

  • がんに関するスペシャリストナース
  • 急性期・慢性期等の患者さんへの看護に関するスペシャリストナース
  • 感染対策に関するスペシャリストナース